月に託す



冬の情景7



             雪原に一本の立木があった

             極寒のこの季節では
             枯れているのか
             葉を落としただけの冬姿なのかは分からないが
             小枝がないところを見ると
             やはり枯れているのかも知れない

             寿命というには
             まだそれほど太くないこの木の
             過酷な運命を思う

             足下から少しずつ陰が這い上り
             かろうじて先端に最後の光を残している
             ひょろりと伸びたその先に
             うっすら見える上弦の月
                 
             この木に想いがあるならば
             命果てる間際の 最後の願いを 
             月に託しているかのよう












                  
スポンサーサイト

冬の使者(氷の造形4)



氷の造形7


                
                 どことなく

                 飛び立とうとする

                 鳥に見えなくもない

                
                 青白い冷気の中で

                 それは首をもたげ

                 翼を広げようとしていた


                 お前の羽ばたきの起こす風は

                 それに触れたすべてのものを

                 たちどころに凍らせてしまうことだろう


                 そう

                 お前は 冬の使者













美しき誘惑



圏谷の朝



                        深い雪に埋もれ

                        かろうじて頭を出した木々が

                        淡紅の光の中に影を伸ばす


                        雪面に刻まれた風紋は

                        この圏谷を吹き抜ける

                        風の激しさを物語っている

                        
                        ここは 美しき誘惑と

                        冷徹な恐怖が交互する世界











                                       
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR