宵闇迫れば



桜25



                        奥山の桜は知らず
                        おおかた桜は人と共にあり

                        うらうらと春の陽を浴びて
                        楚々としながら華やかに
                        華やかなれど慎ましく

                        宵闇が辺りを包む頃
                        昼間 隠されていた桜の
                        もう一つの貌が見えてくる

                        夜目にも白き花びらの
                        ときに息苦しくさえ思われる
                        その妖しさ美しさ                   

                        願わくば花の下にて春死なん と詠ったのは
                        たしか西行

                        古来 どれほどの人が
                        狂おしいまでに桜を詠ったか

                        また どれほどの人が
                        安らぎを 慰めを 明日への想いを
                        桜からもらったか

                        今までも これからも
                        桜よ
                        人と 共にあれ

          

                        
                       
                      


                        

                        

                       
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

say(サンタ)さんへ

ありがとうございます^^
西行には私も惹かれますね。
隠棲しながらも、豊かな情感で自然を詠んだ歌が数多くあり、
人間西行を垣間見る思いがします。

西行

西行のことがあったので、思わず出てきてしまいました。西行好きなので。^^
西行の詩が似合う素敵な写真ですね。

ひつじ草さんへ

ありがとうございます^^
桜には本当に色んな表情がありますね。
どれも皆 桜の美しさなのでしょう。
できるだけ多くの「記憶に残る桜」を眺めたい(写したい)ものです。

No title

宵の桜もまた格別に美しいですね。
↓ の聖なる地で静かに咲く桜とは違う華やかさと艶やかさ…。
ここの桜を見た人たちは、楽しい思いを忘れないでしょうね。

mu.choro狸さんへ

なんとまぁ、素敵なお褒めの言葉をいただき、恐悦至極です。
ありがとうございます^^

一斉に花開き、一斉に舞い散る桜。
桜ほどわずかな期間の間に、過去・現在・未来の輪廻を
凝縮して見せてくれる花はないように思います。
今年も もう少し桜と付き合っていきたいと思っています。

No title

すばらしい!
満開に咲いたサクラも圧巻ですが宵闇に妖しく咲くサクラもすばらしい。水面に散った花びらもいいですねぇ。
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR