渡りゃんせ



初夏11



                    峠が山の向こうへの憧れの象徴なら


                    吊り橋は異界への入り口か


                    ためらいながらも誘われるように一歩を踏み出す


                    眼下の流れと橋の先の暗い森の奥とを交互に眺め


                    背後の現世と行く手の異界との狭間で


                    心は吊り橋のように揺れ動く

           
                    戻ろうか 進もうか




                  

                   

                   

                   

                   
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ARICEさんへ

雨の中で撮りましたが、川霧もちょうどいい具合に出てくれました。
やっぱり、霧があるとグッと雰囲気がよくなります^^
ありがとうございました。

No title

幻想的な風景ですね
霧が川の部分に集まってて綺麗です!
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR