生き様



木々の夏2



                        かつて旺盛に枝葉を繁らせ

                        他を圧する巨躯をもって

                        この森に君臨した樹王も

                        命絶え 朽ち果てようとしている


                        が しかし

                        死してなお放たれるその存在の重みに

                        畏怖の念を禁じ得ない

                        樹皮を覆う緑苔は
                                きょうかたびら
                        さながら弔いの経帷子か


                        私はそれを見届けることはできないが
                                        どあい
                        この樹塊がたとえ朽ち果て土埃にまみれようとも

                        やがてその身は大地の肥やしとなり

                        新たなる命を この地に産み育てるであろう
                  
                        




                        

                        

                        

                 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

桜さんへ

ご覧いただき、ありがとうございます^^

今は枯死していますが、生きてた頃の樹齢は
推測ですが数百年といったところでしょうか。
屋久杉にはとてもかないませんが、
それなりに存在感がありました。

マロン父さんへ

う~ん、そうか、そうとも見えるか・・・。
右側の部分が絶壁に見えるんだろうね、きっと。

No title

葦さん!こんばんは~♪(*^.^*)

ず~っと見せていただきました♪
夏の爽やかな空気を感じて、とっても素敵です!

この苔をまとった大きな樹、どれほど生きて来たんでしょう。
この樹王の声が聞こえてきそうです。
もうかなり年老いた樹なのでしょうけど、とても美しく感じます。^^v

雄大な風景?

いつかどこかで出会った風景、、、、、?
峡谷を俯瞰しているような錯覚に陥るよ。
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR