東北撮影行 6(最終回)



彩映


                        朝の山道を歩く

                        道に降り敷く落ち葉はカサコソ

                        熊よけの鈴はリンリン

                        朝霧は知らぬ間に消えた

                        森の中のぽっかり開けた空間に

                        その沼はある                

                        水面ににじむ秋色が運んでくれたのは

                        こんな幸せ
    

     

        (六日目の夜~最終日)

          今夜の泊まりはダム湖畔の公園駐車場である。
          この広い駐車場に私の車1台だけの貸し切り状態である。
          明日は最終日、どんな風景が待ち受けているだろうか。
          期待をしながら最後の車中泊である。
          が、特別なことは何もない・・・はずだった。

          コンビニで仕入れたささやかな肴と少しのアルコールでいい気分になり、
          寝袋に入って横になった。 夜中、トイレに行きたくなり眼を覚ますと、
          少し離れた所に大きな黒っぽい車が2台停まっている。
          はて、ご同類にしては白いキャンピングカーではなく、
          よく見ると四角いボディーに白抜きの十字マークが描いてある。
          さらに周囲をよく見ると、公園の街路灯に照らされて十人ほどの人間が
          立っているのが分かった。

          なにやら不穏な雰囲気を感じ、トイレに行きたいのを我慢して
          様子をうかがっていると、その内に大きな声で号令がかかった。
          「番号!」 続いて「イチッ ニッ サンッ ・・・」
          なんと、またもや自衛隊の訓練である。 さらに様子を見ていると、
          号令とともに全員でスクワットを始めたではないか。
          しかもトイレのすぐ横である。 
          これではオシッコに行きたくとも行けないではないか!
          まさか拉致されることはないだろうが、この緊迫した雰囲気の中、
          ノコノコとトイレに行くなど、場の雰囲気を乱すこともはなはだしい。
          訓練が終わるまで我慢するのが礼儀というものだろう。
          しかし待つ時間は長い。 早く終わってくれ~!

          30分ほど経ったろうか、ようやくお迎えの幌付きトラックがきた。
          訓練中の隊員はそのトラックに乗り込み、他数名は十字マークの医務車に乗り、
          ディーゼル排気音を残して去って行った。 昨夜といい、今夜といい、
          今回の撮影はよくよく自衛隊に縁のあることであった。

          明けて今日は最終日である。 今日のメインは美しい(はずの)白糸の滝。
          車を走らせること約1時間、滝の入り口に車を停め、機材を用意するいとまも惜しく
          喜び勇んで滝への歩道を降りる。 降りたところの対岸すぐに、
          その滝は優雅に白糸のごとき幾筋もの流れを垂らしている(はずである)。

          が、降りきって見上げたその滝は・・・ 巨大な一枚岩に水流はほとんど無い!
          隅っこを申し訳程度に か細い流れが一筋二筋・・・。
          ガーン! あまりのショックに茫然自失、しばらくは為す術もなく立ちつくす。
          そうか、この滝は水量の多いときだけ「白糸の滝」になるんだ・・・。
          気を取り直し、せめて来たアリバイ作りにと撮ったのが下の写真です。
         

紅葉の渓2

          見事な一枚岩。 紅葉はきれいだった。



紅葉の渓5

            戻り道、眼下に見えた別の滝
            この滝が撮れただけでもよしとしよう


         
          出発してからちょうど一週間、すでに体力も気力も財布の中身も使い果たした。
          風景写真を撮るということも含め、こうして旅に出ることのできる健康と環境に
          感謝し、自然の中に身を置くことのできる幸せを噛みしめながら
          今回の撮影行を終えることとした。

          長々と駄文を書き連ねて参りましたが、お付き合いくださいました皆々様、
          心より御礼申し上げます。 誠にありがとうございました。
          今後ともよろしくお願い申し上げます。


                                 管理人 一本の葦 拜



          
  

             
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

リイナナさんへ

こんばんは、

長い撮影は集中力が切れてきますね。
ときどき中休みが必要なようです(^^;)
それにしても今回の撮影は自衛隊の夜間訓練に
2回も遭遇してちょっと驚きました。

東北地方は今年は春秋の2回行きましたが、
これからもお邪魔しますよ^^
よろしくお願いします。

すべりひゆさんへ

こんばんは、
長話にお付き合いくださり、ありがとうございます^^

正確に言うと焼酎お湯割りです。
ビールは冷えるので(笑)
それにしても深夜の訓練には驚きました。

滝や渓流に限らず、当て外れはよくありますね。
臨機応変で撮らないといけませんね。


No title

今晩は^^
一番上の写真、柔らかなパステル画のようでいいですね♪
撮影旅行お疲れさまでした。
いろいろな事がおこった旅だったのですね。
私も1回だけ山奥の森林公園のようなところで撮影してたら
奥から欧米の自衛隊の人が出てきたので、ビックリしました。
その後から日本人がバズーカ砲みたいなの担いでゾロゾロと・・・
ちゃんと訓練しているのですね。

No title

こんばんは。
東北撮影旅行、楽しませて拝見いたしました。

時々ビール、楽しんでいられたのですね。 アハッ!
そうなんです。トイレとか途中で困るんですよね。
そこで、トイレの近い場所で仮眠する。
でも、時々そんなハプニングもおきるんですね。

今回は自衛隊に悩まれっぱなしでたね。

滝や渓谷も次はこんなを撮ろう、なあ~んて、考えて行って見ると・・・あれっ!変だぞ。
・・・という事たくさんありますね。
でもそれもまた、楽しかも知れません。
お疲れ様でした。

budori さんへ

おはようございます。

10月末に帰宅してから約半月、もうずいぶん経ったような気がします。
今回は紅葉のピークを外してしまった所が多かったのですが、
地元の方にも予想は難しかったようですね。
自然豊かな東北地方、これからもちょくちょくお邪魔するつもりですので
よろしくお願いします。

No title

今晩は^^ 東北撮影旅行、お疲れさまでした。
私にはとても真似ができないワイルドな撮影行でしたね(笑)
岩手に住む私たちにも今年の紅葉の進み具合が
よく分からず、いらいらさせられました。
でもさすがに一本の葦さん、たくさんの美しい風景を
堪能させていただきありがとうございました。
当地にまたいつかぜひいらしてくださいね^^
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR