秋に別れを



霜の朝3


                           
                           
                           まだ秋の色を残す草原に

                           ある朝突然 冬の使いがやってくる

                           もうすぐここも雪の原

                           訪れる人とてなく

                           本来の自然の

                           そして厳しい冬の明け暮れが

                           半年の間 繰り返されるのだ







                          

                          

               
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Masami Tanamoto さんへ

おはようございます。

このときは紅葉ねらいでしたが、朝、意外に冷え込んで
霜が降りたおかげで、秋と冬の両方を感じさせる情景になりました。
風景撮影は当て外れもしょっちゅうですが、
ときには嬉しいプレゼントもありますね^^

おはようございます。

画面の中に秋と冬がうまく調和され、哀愁を感じます。
この場所も年を越すと、雪に覆われてしまうのでしょう。

本格的な冬になる前の、小さなプレゼントですね。

月兎さんへ

こんばんは、

霜の風景はときには雪景色よりも冷たさを感じさせますね。
雪はかえって暖かさを感じることさえありますが、
霜はただただ冷たい感じがします。

バッテリー、1年半で交換というのはちょっと早いですね(>_<)
無料交換になるといいですね。

No title

こんばんは。
お写真から 冷たい冷気が流れて来そうです。
紅葉で美しかった野原も あっと言う間に冬景色になってしまうのですね。

ところで バッテリー 交換しました。(;´∀`)
まだ交換して一年半位なので メーカーで調べて 有料になるか?無料交換になるか?
といった感じです。
無料になるといいのですけれど・・・。ちょっと無理かな・・・。(#^.^#)
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR