湖上の光



屈斜路湖1



                  
                       峠は風の通り道
                       容赦なく吹き付ける寒風に身もすくむ


                       期待した朝焼けに紅の色はなく
                       雲間からの光は
                       それでもうっすらと赤みを帯びて
                       氷結の湖面を照らす

                  
                       朝焼けと言えば
                       すぐに鮮烈の赤を期待する
                       凝り固まった観念を


                       優しい色合いの光が
                       そっと 解きほぐしてくれる


                       先ほどの落胆を充足に替えて
                       峠を下りよう








                  



                  
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

葉月さんへ

本当に太陽は偉大な存在ですね。
(大)昔、山で雨に降り込められて、久しぶりに見た太陽に
涙が出るほど感動したことがありました^^

自然界の色って、TVの中と違い、実に細やかですよね。
大切にしたいです。


reimi01さんへ

こんばんは

そうです、お馴染み屈斜路湖です^^
レンズはたしか300mm(35mm換算180mm)だったと思います。
だから、大砲というほどでもないですね。

そうですか、そちらではフィルム現像は難しくなってますか・・。
デジ全盛のご時世ですものね~。
こちらでもいうまで頑張れるか・・・(^^;)

No title

こういう写真を見ると
陽の光の偉大さを感じます。

あらゆるものを包み込み染めてしまう
その力に感動します。

自然が作り出す色って不思議ですね。

No title

こんばんは

ここは見たことありますよ~^^
湖面の光も優しいこんな感じが好きです。
レンズは大砲ですか?


やっぱりフィルムのカメラが良いですね~
私も6年ほど使いましたが道内では現像も難しくなり
何よりも経済的に大変でデジに切り替えましたが
まだ蔵のなかに3台ねむっています^^;
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR