相克の痕跡



冬の情景6



                      西高東低の気圧配置の等圧線が
                      日本列島を南北に串刺しにすると
                      風はこの斜面に殺到する


                      烈風と それにあらがう岩との
                      すさまじい相克は
                      幾筋もの痕跡となって雪面を刻む

                      
                      しかし幼木は なぜかここに根付いた
                         冬   それは彼にとっては
                      とりわけ過酷な試練の季節だ


                      雪に埋もれ 風にひしがれた後の
                      今日の青空に 彼は安堵の息をつき
                      遠き春を待ち焦がれる


                      春よ来い   早く来い

                 

                 








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Masami Tanamoto さんへ

本当はもっと早い時間帯に撮りたかったんですよ。
影がもう少し欲しいところですが、晴天のお陰で
雪の白さはスッキリと描写できたかと思います。

No title

風が通った痕跡も伺えました。
影が立体感を出し、主役の木が厳冬に耐えている姿も印象的ですね。

葉月さんへ

そうですね、
積雪は吹きさらしの場所と、吹きだまりの場所でかなり違ってきますが、
およそ1~2mぐらいだと思います。
風紋と言ったり雪紋と言ったりしますが、
強い風が吹くと こんな風に雪面に模様ができます。

実は、ここはロープウェイがあって、ほんのちょっと登っただけの場所なんですよ。
「下から歩いて登れ」と言われたら、とても登れません(^^;)

おかげさまで今年は風邪はほとんどひいてません。
お気遣い ありがとうございます。

No title

この場所で何メートル位の積雪なのでしょうか?

見たこともないような不思議な風景です。

葦さんがここにたどり着かれるまでの苦労を思いながら
見せて頂きました。

風邪などひかれていませんか?
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR