刹那



雪稜4





              光と影の織りなす 刹那の情景

              一瞬の後に 跡形もなく消え失せる

              それは 白昼の幻想













スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

mu.choro狸さんへ

ありがとうございます^^
なかなか形のいい雪煙が上がらず、
ひたすら待ってました。
待ってるうちに光が逃げそうで、
ハラハラしましたよ(笑)

ちっちさんへ

ありがとうございます^^
日の当たっている部分が多すぎず少なすぎず、
雪煙がほどよく上がったところでシャッターを切りました。
かなり待ちましたよ。
じっとしてるから寒いことは間違いなしです。

reimi01さんへ

ありがとうございます^^
太陽の移動につれて動いてゆく影を
ずうっと見ていましたよ。
ちょうど頃合いの雪煙が上がったタイミングで
シャッターを切りました。

No title

またまた素晴らしい写真ですねぇ。
雪が舞い上がってる様は毛嵐みたいで素敵です。

No title

こんにちは
これはまた素晴らしいですね。
あの場所に光が射し込むタイミングを待っていらっしゃったのでしょうか?
黒岩がいいアクセントとなってますね。
こんな場所をさがそうと思ってもなかなか見つかるものではありませんよね。
じっと寒さに耐えながら待ち、今だとシャッターをきられる様子が目に浮かびました。

No title

こんにちは~

厳しい自然を感じ
光の捉え方が素晴らしくて惹きつけられました。
感動!です!
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR