神はおわしますか



信仰の径




               うっすらと雪をかぶった参道が

               はるか奥へと続いている

               里人が折に触れ歩んだ信心の径

               鳥居をくぐれば そこは神域

               深閑と静まりかえったこの森に

               神はおわしますか


           

                  

                  

               

               

               
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ちっちさんへ

ちっちさん、こんばんは

参道を少し入って撮っていたら、本当に木から雪が落ちてきましたよ^^
ただ、かなり遠くだったのと、粉雪だったので音は聞こえませんでした。
神様に守られているというより、どちらかというと
怒られているほうが多いかも知れません(笑)

No title

こんばんは
私がこの場面に遭遇したら息を止めて撮ってるような気がします。
雪が杉の木から落ちてくる音も聞こえてきそうです。
神様は葦さんを見守ってくださってるはずです。

山の桜さんへ

桜さん、こんばんは、

私の写真が何かをお伝えすることができたとしたら、
これ以上嬉しいことはありません。
いつもご覧いただき、本当にありがとうございます^^

ここは足繁く人が訪れる神社ではありませんが、
かえって神の存在を感じることができるように思いました。

oiraseさんへ

鳥居の向こうに神の存在を感じることで
撮影にいっそう集中できるような気がします。
困ったときの神頼み?(笑)

No title

葦さん、こんばんは~♪(*^.^*)

↓の写真も見せていただきましたよ~♪
うっすらと雪をかぶった参道。
たくさんの人たちが、いろんな思いを持ちながら、ここを通ったんでしょうね。

神はきっとおられます☆彡

葦さんの写真は、いつも何かを伝えてくれますね♪^^

No title

一本の葦さんこんにちは!コメントありがとうございます。
神はおわしますね 時代を感じる鳥居そして奥へと続く道 絶対おられますね。
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR