たぎり落つ流れ



滝5(小)




                            夕闇迫る滝を
                        
                            最後の光が弱く照らす

                            険しい岩肌に堰かれる

                            蒼ざめた流れは

                            畏れさえいだかせて

                            心の奈落へたぎり落ちてゆく

                            





                            


                            


                           


                           
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ちっちさんへ

こんにちは、

この暑さですからね、撮影意欲も鈍りがちになりますよ。
私もお盆の間はどこも出かけませんでした。

滝や渓流は、やはり、ある程度の高さの山があったほうが変化があっていいでしょうね。
九州だと菊池渓谷が有名ですよね。 私も2回行ったことがあります。

流れの表情は露光時間次第でガラッと変わってきますものね。
フワッとした描写は、滝なら2、3秒以上あればいいと思います。


No title

こんにちは
盆中訪問が出来なくてすみませんでしたm(__)m
今日から復活ですww

こんな感じで今年こそ撮りたいと願い盆を迎えたのに暑さに負けて昼間は全然出かけませんでした。
滝や渓流は山口県にはこれと言った場所がなく九州へ出かけなばいけません。
次回の目標にしたいと思います。
露光時間を色々試したいです。

ゆたかさんへ

こんばんは、

ありがとうございます。
かなり光量が少なくなってきていて、しかもISO100なので
シャッタースピードが遅くなり、こういう描写になったと思います。

現実の世界?

こんばんは

現実の世界の水が流れ落ちるようには見えなくて、超宇宙的な世界の水ではない何物かが流れ落ちているような気がしてしまいます

すばらしいです

ウォーリックさんへ

端的な一言にかえって重みを感じました。
暗くなる寸前まで粘った甲斐がありました。
ありがとうございました^^

No title

凄いの一言です。
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR