朝の月



ブログ5




                   朝の透明な光の中に


                   欠けてゆく月が


                   碧空をくっきりと切り取って


                   少し色づいた落葉松の


                   梢の先に白く輝く





                     



                      



                   
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

名無しのお方へ

昔の人は月や雨、風など、自然の移ろいに対して
実に様々な風雅な呼び方をしていますよね。
「今来ぬと・・・」の歌を詠んだのは男のようですが、
きっと、女の人にそれほどにまで想われたいという
願望だったのではないでしょうか?

コメント、ありがとうございました。

No title

最近知ったのですが、朝の月のことを「有明の月」と言うそうですね。
「今来むと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな」 
すぐ来ると言ったあの人をずっと待っているうちに、朝の月が出てしまった、という
切ない女心を詠った詩だそうですが、歌ったのは、男性なんですね。(笑)
「有明の月」はお気に入りの一つです。もちろん寝て起きてから見るんですけど。(^^

チビmomoさんへ

こんばんは、
ちょっと出かけてまして、お返事が遅くなり失礼しました。

朝晩は随分と涼しくなって、いよいよ秋も本番ですね。
昼間の月は夜の月と違って、なんとなく居心地が悪そうになんですが、
朝の内はまだ夜の名残が感じられて、それもまたよいかな、と・・・。


No title

こんばんは。
朝が始まりますね。
薄い月と青空が、気持ちのいい一日の予感です。
落葉松の色で季節もあらわされていますね(*^^)v
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR