ひれ伏す心



滝8




                      初めての山道は 大きな期待 少しの不安

                      ようやくたどり着いた滝の直下に立てば

                      覆いかぶさるような その大岩壁は

                      不意の闖入者を威嚇するかのように

                      青黒く 冷たく光っていた

                      その凄まじい威圧感に気おされて

                      しばらくは なす術もなく 一人立ち尽くす

                      大いなる自然の前に 心はただひれ伏すのみ

                      撮らせていただいてよろしいでしょうか?
                   

      


                                


                                


                                

                              
                               
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ちっちさんへ

こんばんは、

写真でも少しはその迫力をお伝えできたでしょうか?
初めての道を歩いて、この滝の直下に立ったときは、
もちろん感動もありましたが、それよりも恐れのほうが強かったです。
岩壁に、文字通り見下されているような気持ちになりましたよ。
初回は十分に撮った気がしなかったので、頑張ってもう一度行きました。

コメント、ありがとうございました。

No title

こんばんは
凄いですね。
一目見て凄い迫力に圧倒されました。
「撮らせていただいてよろしいでしょうか?」
その気持ち良くわかります。 
まずは話しかけてよろしくお願いしますと言いじっくり撮れさせて頂きたいです。
素晴らしいお写真いつもありがとうございます。

ゆたかさんへ

こんばんは、

この滝は2回行きましたが、最初の時は本当に威圧感がすごくて、
撮影のときもなんだか浮き足立って撮ってました(笑)
手前の岩壁は落差は10mないぐらいですが、威厳がありましたよ。

コメント、ありがとうございました。

おはようございます

いつも楽しませていただいております

今日の写真ことのほかすごいですね

自然の厳しい拒否を感じますね
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR