季節も刻も寂びゆきて



秋風情6




               黄葉と言うも哀しや枯葉色

               されど夕日に照らされて

               それはそれなり過ぎゆく秋の

               寂しさ漂う終末の美








             
             

             

             
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ちっちさんへ

こんばんは、

夕日は色温度が低いので、暖色の被写体が映えますね^^
手前の一本カラマツも後ろの林も日が陰ると本当に侘しい色になります。
もっとも葉が付いてるだけまだ秋の情景と言っていいでしょうね。
葉が全部落ちてしまうといよいよ雪を待つだけになります。
ススキも絵にするのはなかなか難しいですね。

コメント、ありがとうございました。

No title

こんばんは
秋の終わりを思わせる風景ですが夕日に照らされとっても暖かそうに見えます。
次に見るのは雪に包まれた姿なのでしょうね。
少し写ってますがススキもキラキラして綺麗だったのでしょうね。
今年もススキを撮るのを忘れてました。 ふわりと飛んで行く前に会いたかったなぁ。
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR