春を待つ日に



憩い


                   
                         白鳥は悲しからずや ・・・

                         と詠った詩人は

                         この風景を見て

                         なんと詠うだろうか

                         などと無粋な詮索はやめよう

                         はるばると

                         極寒のシベリアからの旅路の

                         その果ての憩いの地なのだから

                         








                         

                         
                         
           
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

リイナナさんへ

ありがとうございます。
立ちのぼるもやが陽の光を和らげてくれました。
白鳥にはお似合いでしたね^^

No title

とても綺麗ですね!!しばらくうっとりと見ていました。
柔らかい光の中の白鳥たち、素敵です♪

mu.choro狸さんへ

ちょっと出かけていたのでお返事が遅くなりました。
失礼しましたm(_ _)m

シベリアは日本よりもっと寒いですからね。
白鳥にとっては日本は避寒地なんですね。
しっかり休養して無事に帰って欲しいです。

No title

何も寒い時期の日本に来なくても、って思うけど、もっと寒いとこからの越冬なのですよね。
お疲れさんと言いたいですね。

budori さんへ

「白鳥の湖」からの北帰行ですね。
「北へ帰る旅人」は独りですが、
白鳥は編隊飛行ですから心強いでしょうね。
白鳥たちも故郷を思い出しながら鳴き交わしているのでしょうか。

No title

私の家の近くに「高松の池」という“白鳥の湖”がありますが、
私が感動するのは、3月頃に白鳥の集団が
空に規則的な列をなして北に帰る姿を見る時です。
その時の鳴き声(泣き声?)もとても郷愁を感じさせますね。

風の音さんへ

おはようございます

白鳥にしても、他の鳥にしても、渡りは命がけの大仕事でしょうね。
何か、彼らの内部からの、突き動かされるような衝動が
彼らをして渡りへと導くのでしょう。
案外、人間が思うほど彼らは苦にしていないのかも知れません。

No title

今晩は。

白鳥の顔を見ていると“極寒のシベリアからの旅路の”件に

何者もこの世の辛さは皆同じと‥‥‥
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR