奇跡の灯



雪の景38



              
              幾重にも重なり合う白い林が
              次第に光量を落としてゆく
              その先の暗がりに

              奇跡のように光る一本の木

              汚れなき無上の美しさに包まれながらも
              やがて理由(わけ)もなく
              心に広がる淋しさは

              この風景が美し過ぎるせいなのか
              あるいは私の心が
              その美しさを受け止めるには
              あまりに狭小なせいなのか

              白くまばゆい光と相対する
              朝の暗がりの中で
              仄かに光る一本の木は

              そんな私のとまどう心に
              ぽっかりと浮かんだ
              奇跡の灯(ともしび)


              

              

              




              
              
                 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

say さんへ

おはようございます。
お立ち寄り・コメント、ありがとうございます^^

「汚れ無き無上の美しさ」・・・
う~ん、書いた本人にも自信はありませんが(笑)
その風景を観たときに、ひたすら感動して心が満たされるような、
そんな風景のことを意識してます。
自分の心の持ちようや、深まりの度合いによっても
対象や程度は異なってくるようにも思いますが・・・
答になりましたかどうか(^^;)

いつかきっと

「汚れなき無上の美しさ」というのがどんな世界なのか、見てみたい気がします。
私の心はまだまだ未熟で、その美しさを受け止めるまでに達していないけど
いつか私にも奇蹟の灯がともりますように。

その日が来るまで、葦さんの写真で心のブラッシュアップをさせて下さい。^^

mu.choro狸さんへ

ここに立ったときはあまりの美しさに、しばらく撮影も忘れて見入ってました。
本当に心を奪われる美しさでしたよ^^
寒さは、日の出前後は冷え込みましたが、
日が上がってからはちょっと歩くと汗ばむほどでしたよ。
(着込んでるせいもありますが)

No title

美しいですねぇ。
なんて幻想的でしょうか。寒いんだろうなぁ^^
プロフィール

一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性

Author:一本の葦(略称 葦)         愛知県在住・男性
                                       ご来訪ありがとうございます。
自然美に魅せられ風景写真を
撮ってきましたが、写真集の
作成を機に写真撮影はいったん
休止することにしました。

今後は写真集の作品をこの場を
借りて随時ご紹介させていただ
く所存です。
写真集掲載順に写真・記事を
更新していきますので、実際の
季節とはズレが生じます。
ご了承ください。
また、画像が少し見づらくなって
いますが、どうかご容赦ください。


なお、当ブログの画像・文章の
著作権はすべて私「一本の葦」
に帰属します。あなたの心の中
に刻んでいただく以外の複製・
転載などはどうかご遠慮ください。

リンクはご自由にどうぞ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
管理人にメールが届きます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR